よくある質問Q&A

排毒って?

皮膚病は、排毒現象であると聞きました。つまり、皮膚病の犬は毒を食べたということなのですか?それから、毒は、必ず皮膚から出ていくのですか?

排毒とは「体から不必要なものを出すこと」で、毒といっても一般的な毒物のことではありません。他にも排毒ルートはたくさんあります。

解説

排毒とは東洋医学的な考え方の一つで、「体から不必要なものを出すこと」です。一般的な毒物のことではなく、体に不要なものという意味ですので、特別な場合の話ではなく、誰にでも関係のある話です。

  細胞を新しく作り替えたり、食物からエネルギーを取り出したり、体からは不要となったものが毎日たくさん出ます。涙、鼻水、汗、体臭、呼吸、発声、おしっこ、うんち、嘔吐、等々。出るものはすべて、排毒ルートなんですね。

  ペットも、毎日食事をとり、体の中に栄養素を「入れて」います。「入れた」ら、要らないものは当然「便として出す」ことが必要なのですが、いろいろな理由で「十分に出ない」ことがあります。

  すると体は「ぐっ、くるしぃ〜…このままためられたら困るぅ〜…」ということで何とかして体の外に出そうとします。ペットの体は、いろいろなところから排毒していますから、一か所が詰まると、他のところから出ようと必死になるわけです。まるで、高速道路の料金所が閉鎖になったときのように…

  この場合、そのペットにとっていちばん出やすい場所から毒が排出されるのです。
  たまたま皮膚が出やすい部位だったりすると、皮膚からの排毒が盛んになり、症状として皮膚炎になると考えています。
  というのも、排便を促進させると、皮膚病の症状が緩和することが多いからです。

TOP