よくある質問Q&A

薬草茶の飲ませ方

須崎先生は犬の治療に薬草茶も使われていますよね。うちの犬に試しに「ドクダミ茶」を与えてみたのですが、見向きもしませんでした。本当に飲むのでしょうか?

最初から飲んでくれる子(犬)と、近づきもしない子がいます。飲んでくれる場合は苦労はいらないのですが、飲んでくれない場合は、いろいろ工夫する必要があります。

解説

飲んでくれない場合は、いろいろ工夫してみます。

  まず、薄めて与えてみます。イヌは人間以上ににおいに敏感です。私も女性とすれ違ったときに、香水の香りにフラっとなることはありますが、「ボトル一本振りかけたな?」といいたくなるぐらいキツイ臭いがしたら、近寄りたくもなくなります。それと同じですね。まずは薄いところからはじめてみる。そして、慣れたら濃くしてみるという感じです。濃いめに煎じたドクダミ茶をさら湯にぽたぽた落としていくと、濃さの調節ができます。

  では、薄くしても飲まなかったらどう工夫したらいいのでしょうか。次は温度をいじります。時々「これ、やけどするよ」というようなお茶を与える方がいらっしゃいます。まずは40度あたりで試してみてください。冷たくしても、飲めば結構です。

  その他にもいろいろな手が考えられますね。やり方を変えるだけで、おどろくほど変わるものです。

  いろいろな工夫が必要で面倒ですが、ピタッとはまると簡単にできます。お茶に限らず、食餌も最初は馴染めないことの方が多いのです。だからといって、簡単にあきらめるのではなく、「どんな条件だと飲んでくれるのかな?食べてくれるのかな?」と工夫してみることが、楽しくもあり、イヌとの絆を深めることにもなるのです。

TOP