よくある質問Q&A

アレルギー性皮膚炎のイヌに
低蛋白食をすすめるのはなぜ?

我が家の犬はアトピー性皮膚炎ですが、須崎先生に診ていただいた後で、食事中の動物性タンパク質量を減らすよういわれました。
犬は雑食性とはいえ、肉食がメインだと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?また、その理由はなぜですか?正直申しまして不安です。
東京都 中井佳美 さま

蛋白質は消化の過程で肝臓と腎臓に大きな負担がかかります。アレルギーの改善にはマイナスで、治癒が遅れてしまうのです。ですから、「一時的に」減らしてくださいと申しました。

解説

ここで、問題なのは、アレルギーの犬は肝臓の機能が弱っているということなのです。高タンパク食を続けると、さらに肝臓に無理をさせることになります。その結果、排毒がスムーズにいかず、ますます排毒すべき物質が体に溜まり、皮膚炎が悪化しかねないのです。

  また、動物性タンパク質をたくさん食べると、腸内の悪玉菌が増え、腸の状態が悪くなるのです。「皮膚は腸の鏡」ですから、腸の調子が悪くなれば、皮膚の状態も悪化します。
  タンパク質は、代謝されてアンモニアという物質ができます。このアンモニアはとても毒性が強く、一刻も早く体外に排出することが必要です。そこでアンモニアは、肝臓で尿素に作り替えられ、その尿素は腎臓から尿として排出されます。

  こういうわけで、皮膚病の治療中は低蛋白食にするべきです。ただし、ずっと続けるのではなく、改善したら少しずつ増やすようにしています。しばらくの我慢ということですね。

TOP