よくある質問Q&A

低アレルギーのドッグフード

アレルギー犬用の低アレルギーのドッグフードが売られていますが、普通のフードと何が違うのですか?

ウシ、ブタ、ニワトリのように慣れ親しんだ食材は、からだがすでにアレルゲンとして認識してしまっているので、ナマズや、七面鳥などの馴染みのない新奇タンパク質にすれば、アレルギー反応は落ち着くと考えられているのです。

解説

  ちまたでは、アレルギー性皮膚炎のイヌを特別食やナチュラルフードにすると症状が良くなるといわれています。

  それはウシ、ブタ、ニワトリのように慣れ親しんだ食材は、からだがすでにアレルゲンとして認識してしまっているので、ナマズや、七面鳥などの馴染みのない新奇タンパク質をやると、アレルギー反応は落ち着くと考えられているのです。

  確かに、症状が落ち着くようです。しかし、動物性タンパク質はどの動物のものであろうと、体に負担が大きいものであると私は考えています。

  では、ウシ、ブタ、ニワトリと「新奇タンパク質」は何が違うのでしょうか?確かにタンパク質の分子構造が少々違うのかもしれません。

  しかしそれよりも、大量生産されているかどうかが重要な気がするのです。つまり、私の推論では、今までのフードを止めて特別食やナチュラルフードにして良くなるのは、肉の中に残留している、または含まれている有害物質が少なかったからではないかとも考えられると思うのです。

  余計な負担がかからなくなった分、肝臓と腎臓は、体内浄化にもっとエネルギーを向けられたので、皮膚の状態が多少良くなってきたのだとも考えられます。

  しかし、新奇タンパク質であっても、代謝過程で体に負担をかけることは変わらないので、フードを変えてもよくならないということが、しばしばあるのだと考えています。

  何がよいとか、悪いとかは無く、「その子に合うなら、それがいい」というように考えられるのが一番かと思います。

TOP