よくある質問Q&A

「皮膚嚢胞」という病気に関する
食事療法はないのでしょうか?

はじめまして、バーニーズと暮らしているものです。先生のご本をワグナーの食事に活かさせております。
さて、その大阪のバニ仲間のクララちゃん雌3才が体中5ケ所に「皮膚嚢胞」と診断された出来物があります。
先生のご本を送ってサラちゃんもドライ半分+野菜といった食事になっていますが、この「皮膚嚢胞」という病気に関する食事療法はないものでしょうか?
あまり聞き慣れない病名だし、ワンコの病気に関する本にもなかなか載ってないそうで、困っているらしいのです。
何かいい食事療法などありましたらご教授戴きたいのです。
どうぞ宜しくお願い致します。

腸の状態を良くする

解説

  「皮膚嚢胞」は、わんちゃんではそれ程珍しくないものです。
  いくつか種類があり、原因もいろいろですが、いずれにしろ良性の腫瘤で、二次感染などで、痛み、痒みなどが伴っていないのであれば、心配する必要はありません。

  皮膚のトラブルは腸の状態の反映でもあります。腸の状態を良くするように、本に書いたような一般的な食事で大丈夫だと思います。

  大きさにもよりますが、湿疹などと違って、なくなるまでには時間がかかると思います。ですが、あるからといって、別に悪いものではないので、神経質にならずに、ときどき様子を見る程度で十分でしょう。

TOP