診療について

中込モンド

  我が家の可愛い番犬、名前はモンド。多分、3歳6ヶ月。体重26キロ。 犬種は多分、甲斐犬ミックス。性別は雄。

  障害の前科5犯。内、一人は上下の歯型がバッチリつくほどの重症。被害者は我が家の末娘。下着ドロは数知れず。 盗んだ後は、切り裂き魔に変身。

  こんな犬なので、戸田さんに出会うまでは、「保健所に連れて行け!」と、母に言われ、「先代はこんな犬じゃなかった。」と、 比較され、私はそのたびに絶対このコを更正させてみせる…。と、心に誓ったものでした。
戸田さんも後日談で「こんなに気合の入った犬は初めてでした」の言葉に、私も大変な犬を飼ってしまったものだと思いました。

レッスンを始めたのは1歳9ヶ月の時で、まだ暑さの残る頃でした。初日は家の周りで行いましたが、そこはモンドのテリトリーだったので 戸田さんに激しく吠えましたが、回を重ねるうちに、オスワリマテができ、公園までの10分の道程を少しずつ私の横について歩けるようにもなりました。
公園でのレッスンをする頃には、私もモンドも緊張がとれて、戸田さんの「さぁ、やってみましょう。」の言葉に乗せられたモンドはどんどんレベルを上げ、 私の方がついていけない位でした。

  私がうまくできないと、嫌気がさしたモンドはリードを噛んだり、「やってられないよ」と、後ろ足で耳をかいたりもされました。それでも、毎日散歩の時にするモンドとのレッスンは楽しい物になっていきました。近所の人にもモンドの顔が優しくなったといわれ、嬉しくもありました。
戸田さんとのレッスンは三ヶ月で終わり、もう少し続けたいとの私の言葉に「モンドはもう大丈夫です。」と言われ、私もモンドも寂しい気持ちになったものです。

  今では犬友達もたくさんでき、あんなヒドイ言葉を浴びせた母も「モンモンちゃん」なんて呼んで可愛がっています。
戸田さんに会わなかったら、こんなに可愛いモンドになってはいなかったでしょう。ありがとうございました。

TOP
森ネロくん

 ネロがしつけ教室にお世話になったのは、今年の3月、4月の2カ月でした。

 主に、散歩時の引っ張りと、マウンティングで以前から悩んでいました。前にも訓練は少し受けたことがありましたが、いつも興奮してトレーナーの方(女性)に抱きついて訓練にならない状態でした。

  あまりにしつこいので、あげくの果てには、プロレスのように投げられたりして、帰りに吐いて具合を悪くすることもあり、途中でやめてしまいました。
そうこうしているうちに4歳になってしまい、もう今さらしつけなんて無理だろうと諦めていたのですが、動物病院で戸田先生の案内を見て、何歳からでも…ということで思い切って電話をしてみました。

  最初は先生は女性だし、また前回と同じことにならないかと正直、不安でした。が、カウンセリングを受け、まず最初に去勢手術を奨められました。ただ、手術をしても完全にマウンティングをやらなくなるわけではないと聞き、またまた悩みましたが、いろいろ考えた結果、思い切って手術をすることにしました。

  訓練と同時期に手術もし、ネロにとってはかなりの衝撃だったと思います。ですが、術後はパタッとマウンティングもなくなり、訓練の成果で引っ張り癖もだいぶなくなりました。

 しつけ教室を受けての感想は、犬ではなく、飼い主の訓練なんだなぁと。正直、面倒だと思ったこともありました。前は足にしがみつかれては、ただ 怒鳴ったり、叱りつけていましたが、先生の訓練を受けてからは私自身が『無視すること』と『誉めること』を勉強しました。
最初はなかなか伝わらず、イライラしましたが、犬に『我慢』を覚えさせるためには、飼い主もそれ以上に『我慢』しなければいけないと思いました。
今思えば、もっと早く先生に出会いたかったです。ネロが子犬の頃に…。
これからも、『よーし、いい子、いい子!』と、どんどん褒めてしつけていこうと思っています。ありがとうございました。

TOP
川村レンくん

 戸田先生の訓練の魅力は、やってもらうのではなく自らが行うしつけにあると思います。
 「えっ!なおしてくれるんじゃないの?」と他人事のように考えていました。
 訓練中は、はっきり言って気の遠くなるような進み具合ですし、本当に良くなっているのか?変わらない気がするし、このままこの訓練法でいいの?」と…一日も早くまともな犬にしたくて、あれこれ考えるものの他にはない!と自分に言い聞かせ(なんせ三人めの訓練士さんでしたので)生後8ヶ月から始まった訓練は1歳4ヶ月で終了しました。 
 レッスンが終了する日、先生との日誌にはこう書いてあります。
「クールダウンの時間が良くなっています。自信を持って対応しつづけましょう。引き続き頑張ってください。」 
 これで終わり?まだ完全じゃないんだけど見捨てないで!!という気持ちでお別れしたのでした。
 今、レンは5歳3ヶ月になります。あれだけ苦痛だった散歩も仕事のあとの癒しの時間になっています。 
いつだったか先生に
「今までみてきた中で、レンが1番すごいんじゃないんですか?」 
「いいえ、もっと大変なワンちゃんがいます。レンはいいほうです。」
 今となっては、本当かウソかわかりませんが…単純な私は「そっか、まだ大変なワンちゃんがいるんだ気の毒に…レンはまだ良いほうか」と、思ったものでした。
  やり方が下手とか、ダメとか、一度も言われたことがありません。常に、大丈夫それでいいんですと、失敗してもいつも応援してくださったように思えるのはきっと、私だけでなくレッスンを受けた方ならおわかりになると思います。
一日一日の積み重ねによって、結果はあとからついてくる!5歳を過ぎたレンをみていてそう思います。
そして、戸田先生と巡りあえていなかったら、たぶん…無知な飼い主である私は、レンを手ばなしていたのではないかと思います。(その位私は、かなり追い込まれていました。)

  今では、家族の一員となり、幸せな日々を送っています。本当に先生には感謝の気持ちでいっぱいです。これから先、レンとの思い出を家族とともに、たくさんつくっていきたいと、考えています。

TOP
eggちゃん

 eggは、玄関から散歩に踏み出せず、家にいても外の特定の音に敏感になり、びくびく、うろうろと落ち着きがなくなる状態が続いておりました。eggにとって悪い状態と分かっていながら、レッスンを依頼するべき、タイミングをすっかりのがしていました。

 初回のカウンセリングでは、まさに目からウロコがボロボロおちました。
「散歩に行きたくないと彼女が訴えているのならやめましょ」 
「まずはママが、eggに対する申し訳ないという気持ちを、すっかりとりはらってください」
飼い主である私への指導から始まりました。そうして私の気持ちが変化しただけで、eggの様子がすっかり変わったのです。戸田先生の指導は、単に犬の訓練だけでなく、飼い主の心のあり方、そのケアにも注意を払っているものなのだと感じ、そのことは犬にとっても飼い主にとってもとても大事なことだと思うようになりました。
eggの訓練は始まったばかりです。これからも先生に指導していただきながら、eggとのんびり楽しくつきあって行きたいと思っています。

TOP
大野龍くん

 我が家では龍(柴犬)の前に2頭の犬を飼っていましたが、犬のしつけ(トレーニング)をしたのは今回が初めてです。

 トレーニングをしようと思ったのは、柴犬は元々噛み癖があると聞いていましたが、子犬特有の尖った歯で毎日噛みつかれ私と母の手足は傷だらけになってしまい、この状況を何とかしたかったからです。

 戸田先生のことは友人から借りたしつけの本で知りましたが、先生のお宅と私の家が偶然にもとても近いということがわかり即断し来ていただくことにしましたが、初めから先生にお願いできてとてもラッキーだったと思います。

  龍が5ヶ月の頃からレッスンが始まりました。龍は先生のことが大好きで、レッスンも概ね順調に進みましたが、何回目かのレッスンの時、龍が私の指示に従わないことがありました。何回お座りと言っても座ってくれないのです。結局座るまで5分ほどかかったでしょうか。もっと短かったかもしれませんが、焦る私には10以上にも感じました。
今まで順調だっただけに、「何で??」とショックでした。そんな私に先生は、「私の前だけでうまくやっても全然意味が無いですよ」と鋭い指摘をされました。思えば、先に進むことばかりを考えて、基本(オスワリ・フセ・マテ)を疎かにしてきたことに気付きました。

  また、私は龍の具合が少しでも悪くなると直ぐ動揺し先生に相談するので随分ご迷惑をおかけしましたが、先生は冷静に対処して的確なアドバイスを下さいました。どんなに気持が楽になったかしれません。先生にはとても感謝しています。

 先生のレッスンを受けて、飼い主のメンタルな部分が犬に多大な影響を与えることを知りとても勉強になりましたし、須崎先生の手作り食のことを教えていただいたり、先生の他の生徒さんとも知り合えたり、以前より私の世界が広がったような気がします。
まだまだ飼い主として未熟ですが、これからも先生にアドバイスをいただき、龍の頼れる飼い主になりたいと思っています。

TOP
Mダックス

 まず、私達がレッスンを受けようと思ったきっかけは子供を妊娠したことでした。初めての子供なだけにあらゆることが未知で、何よりも子供と犬(4頭)の関係を問題なくしていきたいと思ったからでした。
 そもそも以前の私達の犬に対する考え方は今思えばどうしようもなく「ダメ飼い主」でした。かわいいかわいい。ただそれだけだったのです。自分で産んだかのように(…?)可愛くて仕方なく、ただ甘えさせる一方でしつけはほとんどせず、「お世話」と「愛情を与えること」だけで良いと思っていました。
 正直私が犬に依存していたのだと思います。一緒に居るだけで幸せ、正にそんな状態でした。
そんな私達が妊娠を機にこの問題行動はまずいんじゃないか、と思い始めたのでした…。その問題行動とは主に無駄吠え?破損のイタズラ行為でした。

 動物病院で見かけた戸田先生のレッスンの広告を見て迷わず連絡をさせて頂きました。 はじめにカウンセリングをして頂き、その時点で自分達のやってきたことの愚かさを思い知りました。根本的に考え方が全て間違っていたので「そうだったのかっ…!!」とあ然することばかりでした。自分達の考え方やしてきたことが犬にとっては大迷惑でそもそも問題行動の原因だったのです。自分達の良かれと思ってしていたことが彼らにとってはマイナスだったようでした。
私達にとっては何よりもこのことを知り自覚し考え方を改める必要がある、という事実を知ったことがきっとレッスンの中で一番の得たことだったと思います。

レッスンを始めるにあたり自分達が問題行動と思っていたことに付随して、次々に他の問題があったことも知ることになりました。そして「リードの持ち方」や「オスワリ」「マテ」、「飼い主としてのマナー」に至るまで基本的なしつけを一から丁寧に指導して頂いたのでした。そうして私達のレッスンは始まりました。レッスンを受けてトレーニングをしてもちろん出来るようになったことはたくさんあります。例えば、「オスワリ」「マテ」などは基本的なことですが出来るようになってとても良かったです。日常で一番役立つ事であり何よりも犬が自分達をしっかり見て待てるようになったことで気持ちが通じている感覚とお互いが安心感を得られるようになりました。
また、散歩中にはリードを引っ張ることもほぼ無くなり楽しく散歩が出来るようになりました。自分達も周りの状況を良く観る習慣が付き対処が出来るようになってきたので様々な場面で上手く誘導できるようになったと思います。シャイな性格の子にはジェントルリーダーを付けてのレッスンもして頂いたので外でのトレーニングではとても落ち着いてトレーニングが出来るようになりました。室内では「ハウス」がとても役立っています。今ではかなり長時間ハウスで待てるようになり来客時などにも助かります。

「ホールド」を教わってからは日常のあらゆる場面(爪切りなどの手入れ、病院での診療時、興奮時などにも。)で活用できています。しかし、私達飼い主が何を一番得たかと言うとやはり飼い主としての考え方と犬との接し方・付き合い方、犬にとって何が良くて何が嫌なのか、そして「しつけの重要性」などの根本的なことを「知ることが出来た」と言う部分が大きいです。 それが分からなければいくら一般的な「しつけ」をしても全く意味を成さないんだな、と思いました。
中でも例えば「他の犬が怖いから吠える→怖くないようにホールドをする、対面させない」「イタズラするモノがあるからイタズラをする→イタズラをするモノをなくす、イタズラをさせない環境を整える」などの飼い主が問題を事前に回避するという考え方は私達にとっては衝撃的でした。そして問題を起こせば怒られる犬にとっては納得がいくはずがなかったのです。そういった考え方は戸田先生のレッスンを受けなければ決して知ることはなく問題は改善されなかったと思います。
特に私達の犬は4頭なので多頭飼いのしつけも学びました。 多頭だからこそ生じる問題なども多くその要因や対処方法なども学べてとても役立っています。

 現在、1歳のオテンバ娘にどうしても多く手がかかる生活の中で、犬にとって「トレーニング」の時間はとても楽しい時間になっているようです。「しつけ」を喜んでいます。 犬にとって以前は「しつけ」もされずにどう従えばいいのか分かるはずもなかったのです。 「しつけ」をされて出来れば褒められる→嬉しい→信頼する・従うということを犬が望んでいたのだと分かりお互いの関係は以前より良いものになっていると思います。そして全ては飼い主次第だということを実感しました。
また、レッスンの中で戸田先生に紹介して頂いた須崎先生の手作り食を実践してみて食事の面でも驚くこと、知ることが多かったです。

 以前はドッグフードを与えていましたが手作り食にしてから健康状態がとても良く毛並みも良くなりストレスも減ったように感じます。 また水を飲む量が減りました。いかにドッグフードに塩分やらが多かったかが良くわかります。
以前はイヤイヤ食べるような感じで残すことも多々ありました。 食事を楽しみにしていたことは恐らくなかったのではないでしょうか。
しかし、今現在も欠かさず手作り食を与えていますが一瞬で完食です。 一日2回の食事が楽しみで仕方なく食事の時間が近づくとチョロチョロくっついて後を付け回される程です。 何よりも美味しそうに食べている様子を見ているとこちらも幸せですし作りがいがあります。
そして犬にとって「食事」という楽しみが出来たことはとても大きかったと思います。
人間にとっても「食」は重要であり、犬にとってもそれは同様なんだと実感しています。
このように戸田先生のレッスンを受けてあらゆることを教えていただきました。内容が「深い」です。 色々な不安や葛藤もありましたがすべて答えて頂けたので安心感も大きかったです。
「しつけ」を始めてから本当に多くのことを学び得ました。 「しつけ」は必要なことだと実感することが出来て今ではペットを飼い始めたらしつけを義務化にすればもっと人間とペットが幸せに暮らせるのになぁ…、と思います。
まだまだトレーニングも途中段階ですが愛犬との幸せな共存生活のために今後も飼い主としての努力を続けていきたいです。そしてもっと犬が「褒められる」機会を自分達が作っていってあげたいと思います。

TOP