読者の体験談

栃木県 松浦ゆかりさま
体験談

ペットの健康は食事から。
食事療法で体質改善!

愛犬のための手作り健康食
ISBN-10: 4896915992
ISBN-13: 978-4896915990
洋泉社

あのガリガリだった子が…

栃木県 浦ゆかりさまより

(第1回目のメール)
  もうすぐ6歳の雄の雑種犬のことで、ご相談しようかと思います。一昨年から肝臓の薬を飲み、去年6月には、かなり良くなってきました。11月に肝臓の薬を止めてみたところ、今年の1月あたりから、朝方胃液を吐いたり、下痢が始まりました。肝臓の数値も又悪くなっていたので、薬を再開し、病院で購入したヒルズの下痢の子用の缶詰を与えていますが、全然良くなりません。今も下痢は続いています。
  今後、どのような餌を与えていけばいいのか。又、少しでも太らせるためにはどうすればいいのか。診察していただけたら、そういうことを、教えて欲しいです。

(そしてちょっとアドバイス)

(第2回目のメール)
  どうか、出来るだけ、早く診に来て下さい。
この2ヶ月ヒルズの缶詰を食べさせ、薬を大量にあげても下痢、血便、粘膜便、良くなる…の繰り返しです。

そして、痩せ方もひどく、どんな捨て犬でもこんなに痩せた犬を見ないほどです。
でも、散歩は30分ほど行っています。
そして食べたい意志は凄くあるのです。でも、犬用の物は全部と言っていいほど量が 増えると吐いてしまいます。
今日は、葛練りを上げます。(先生の本が今日届いたので。)
本を読むだけでは、今日からどうすればいいのか、迷ってしまうので。どうか、よろしくお願いします。

(そして往診に行きました)

こんにちは!
先月は、お世話になりました。
そろそろ、食事を替えて、20日以上が過ぎます。食事を替えて変わったことをご報告します。

1.  散歩の時に尻尾がクルンと上がっている!
    (下痢をしていた時は、自信なさそうにダラッと垂れていたんです。)
2.  今でも、粘膜便がでますが、便に形がある。
    (うちの子にはショウガおろしが、刺激が強いようで、そのせいか、次の日に下痢をしたり、まだ完璧ではないです。 いろいろ様子を見ながら、やっていきます。でも、格段と良くはなっています。)
3.  吐かない。
    (胃の調子はよいようです。あれから、プルーンの種以外は1度も吐きません!)
(注:往診に伺った日、飼い主さんがちょっと留守したすきに、袋ごとプルーンを食べてしまったのでした。)
4.  朝、2階まで起こしに来る!
    下痢していた頃は、朝までずっと丸まってジッとしていました。そして朝、散歩
と食事が終わると、又ずっと丸まっていました。消化できなくて辛かったんですかねえ…。
5.  なんといっても、食事がとっても美味しいらしく、食べ方が違います!待っている時の目の輝きも!
    (食事の楽しみを取り戻したという感じなんでしょう。下痢していた2ヶ月は缶詰でしたが、その前1年間はドライのみでしたから。)

というわけで、今のところ、いい調子に回復しています。
死にそうな感じはまるでありません。吐かないですし。
少しずつ太っても来ました。(今年中にあばらが見えなくなればすごいのですが…。)
漢方も、自分からなめてくれますし、薬がいらないのも、楽で良いです。
これからも、どうぞよろしくお願いしますね!

TOP