腎不全の末期と診断されたが…

当院ではバイオレゾナンス法を用いた「原因療法」を行っております。

バイオレゾナンス方式で身体を探ると、血液検査では何ともないのに、腎臓に疑いのある子がときどきいます。

その様に飼い主さんにお伝えすると、「えっ?血液検査では何ともないんですがっ(笑)」と「何言ってんだか?」的な反応をいただくことがあります。

しかし、数ヶ月後に、膀胱炎や血尿、急性腎不全などになって、再度お越しになるケースが珍しくありません。

そんなとき、飼い主さんは「過日は偉そうなことを言って、申し訳ございませんでした…」的な態度でお越しになるのですが、僕は「やはり、肉体の不調の前段階で、気の乱れが検出されるんだなぁ。」と再確認するのです。

 

2014年の12月に「腎不全末期で手の施しようがありません」と言われたチワワの診療がありました。

===
7月頃、急に具合が悪くなって、
食欲も無くなり、
脱水でグッタリねてばかりで…
===


という事だったので、実際にバイオレゾナンス方式で調べると、腎臓ではない部分に強い障害が疑われ、血液検査を見せていただいたら、CREが0.9!!

検査機器にも寄りますが、通常、2を超えたらヤバイと判断します。

しかしこの子は
0.9で末期…。

確かに、9月時点では1.7だったので、
「腎不全かも…」はあっても、
「末期の腎不全」はいくら何でも慎重すぎるかなと…。


僕が間違っているのか?、
これが現在のスタンダードなのか?

その動物病院ではそう指導していらっしゃるのか…
定かではありませんが、

全身チェックの結果、腎臓はひとまず大丈夫と判断し、僕は腎臓よりも気になる部位の調整をさせていただいた所、身体が動き始めました!

つまり、
●食欲が無いのも
●元気が無いのも
●脱水しているのも
全部、腎臓とは違う所が根本原因で、起こっていたのかもしれません。


しかし、この飼い主さんは、獣医さんに言われたことをそのまま信じていらっしゃったので、「腎不全」と思い込んで、いろいろなものを用意しておられましたが、現状には必要のなさそうなものばかり…

で、肝心なことが全く手つかずのまま…。


こちらの飼い主さんは、一生懸命にネットで腎不全のことを調べたそうですが、一向に良くなる気配もなかったそうです。

それについては、「確かにそうでしょうね」と申し上げるしかない状況でした。(言いませんが)


僕の所にお越しになるまで
「末期の腎不全」
と思い込んでいらしたのですが、

「調べてみたら実はもっと違う所に問題があった…」と意を決して申し上げると、受け入れて下さいました。

私はこの件で、だれも責めるつもりはありませんが、世の中にはこんなこともあるのです。

なんとなく、モヤモヤする診療でした。

3ヶ月間の根源放置は、調整にも時間がかかりましたし、復活まで時間がかかるかなと思いましたが、飼い主さんががんばってくださったおかげで、あれから4ヶ月経った今、元気いっぱいです。

この様に、数値だけで判断すると、全く違うことをしてしまいがちです。

しかし、原因を探って対処するならば、問題は解決し、ダラダラ長続きしないことだってあるのです。


ただ今、原因療法セミナーを行って、皮膚病とがん・腫瘍のセミナーが終わりましたが、今度は、

  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【腎臓や副腎の病気、子宮〜前立腺〜繰り返す膀胱炎、尿漏れ編】
  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【アレルギー・自己免疫性疾患編(皮膚病以外を中心に】編】
  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【腎臓や副腎の病気、子宮〜前立腺〜繰り返す膀胱炎、尿漏れ編】
  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【アレルギー・自己免疫性疾患編(皮膚病以外を中心に】編】
  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【腎臓や副腎の病気、子宮〜前立腺〜繰り返す膀胱炎、尿漏れ編】
  • 愛犬・愛猫の病気の原因を探るセミナー2015【アレルギー・自己免疫性疾患編(皮膚病以外を中心に】編】

を八王子と名古屋、大阪で開催しますので、ご興味のある方はぜひ、この機会をご活用の上、転ばぬ先の杖を用意し、なんとかなる!の精神で、いざという時に冷静に判断・行動できる準備をしてみるのはいかがでしょうか?

須崎動物病院からのご案内

  • 須崎のセミナー情報
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中!

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP