皮膚症状の原因がカビと診断されたときに考えるべきこと

読者からの質問「皮膚病でカゼにやられています・・・」

 こんにちは。

実は実家で飼っているラブラドールのMIXなのですが、夏ぐらいから真菌に感染し、動物病院の薬を処方していたのですが、食欲がなくなり内服できません。

付け薬も同様です。

ホメオパシーで治療し、毛も生えてきて安心していたのですが完治せずまた、フケが増えてきて培地がプラスでした。

今後の治し方に困っています。

母親が水虫があり完治していないのですが、関係ありますか?

須崎のコメント「皮膚の問題と、内臓の問題があると思われます」

 まず、真菌(カビ)の影響を受けるということですが、

このカビは、恐らく、普通にその辺にあるカビなので、カビが悪いというよりは、

「カビごときにやられるほどに
 皮膚バリア機能が低下し、
 表皮の下に待ち構えている白血球が
 正常に攻撃し、症状が出ている状態で、
 不快だが必要な反応が起こっている」

つまり、受け手側の問題が大きい、と私は診療経験上考えます。


皮膚を清潔にするということは重要ですが、「その辺に普通にある」わけですから、
いたちごっこになります。

「水虫」も同じです。


洗浄が十分でないということよりは、

「皮膚バリア機能が低下し続ける何らかの理由」

が根本的な問題と思われます。


ですから、皮膚だけの問題ではないということです。


「食欲が無くなり」
が、そのことを意味しているのかもしれません。

食欲が無くなる程、どこかの臓器が傷んでいるのか?

胃の問題なのか?

はたまた、どこかから胃に信号が送られているのか?


あらゆる可能性を考えて、かかりつけの先生に原因を探っていただけたらと思います。


当院でも、原因の組み合わせが個々で異なるため、
「これをやったら治ります!」
というものはないのですが、

週に一日絶食する(水分を摂りながら)
 ※必要に応じて獣医師に指導を受けながらやってください

皮膚を定期的に洗浄する

腸内細菌バランスを調整してみる

体内除菌をして減らすべきものを減らす

環境除菌をする

などが考えられます。

くどい様ですが、どこの部位の何が原因かで、やることが変わってくるので、
「試してみます」などといって、見当違いのことに取り組み、時間を浪費するよりは、

きちんとプロに原因を探ってもらった上で、取り組まれることをオススメします。


特に、「一旦症状が改善した」ことを治ったと解釈するのではなく、

処理能力の限界を下回った「だけ」なので、油断せずに原因排除を続けて下さい。


当院にはこういう子が沢山やってきますが、
「原因のわからない病気はあっても、原因のない病気はない」
といわれる通り、必ず原因がありますし、ほとんどの子で「腸の炎症」があるようです。

しかし、
皮膚だけ
腸だけ
ケアしても仕方なく、

まして
「症状だけを消す」なんていうことをやると、解決すべきことがどっさりと残ってしまい、それが溜まりに溜まってしまうと「やってもやっても改善しない…」ということになりかねませんので、

症状を消すだけで安心したりせず、かかりつけの先生を頼りに、根本原因を探り、
取り除いてもらってくださいね。

それが難しい場合、完全予約制の当院の診療か電話相談でお役に立てるならば、
ご活用下さい。

頑張る飼い主さんの努力が報われますことを、切に願っております。

 

須崎動物病院からのご案内

  • 須崎のセミナー情報
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中!

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP