犬・猫の体調不良の一番の原因は?

 犬・猫の体調不良の大きな原因は、
体内汚染です。

これは、
ケガ以外の体調不良のほとんどの場合
において言えることです。

 

そして、主に貯まるものが、
病原体、化学物質、重金属の3つです。


これまでの診療でわかったことですが、
この3つの中で、
最も犬・猫に影響を与えるのが、

>>> 病原体

の様です。


また、その病原体の中でも、
細菌・ウイルスの感染は普通ですが、

これまた最近わかったことが、
強い病原体ではなく、

普通は発症しないといわれている様な
弱い病原体が複合感染すると、
「何となく体調不良」
という状態になる様です。

 

 ついこの間までは元気だったのに、
突然具合が悪くなった…

原因がどこに行ってもわからないといわれる

の様なケースの動物診療が多いのですが、

その原因の大半が病原体、
特に細菌・ウイルスの様です。

 

 細菌・ウイルス対策には、
3つのポイントがあると考えております。

1.出口を確保する(攻撃・排泄促進)
2.入り口を止める(再感染防止)
3.体内にある病原体を排除する


1.出口を確保する

  は、水分の多い食事をして
  尿排泄を確保します

2.入り口を止める
  口内ケアをして、
  口の中の歯周病菌を退治します

3.体内にある病原体を排除する
  出口と入り口が
  コントロール出来れば、
  除去が効率よく進みます。



体調が悪い子はもちろんですが、
そうでない子も、
普段から身体に溜めない様に
ケアして頂きたいと思っております。


原因の排除の仕方は、
「何が体内で本質的な問題になっているか?」
でやることが変わります。


根本治療ができる動物病院で
原因を探っていただき、
自力で排除できるのか?
なんらかの手助けが必要な状態なのか?
を見極めてもらってください。


そして、いざというときに
「日頃からやっていて良かった!」
と思える様に、

普段の『未病のうちのケア』
・運動
・口内ケア
・身体に良いものを食べる
・生活環境を整える
・病気の原因がたまらない様にする
を心がけて下さいね。

須崎動物病院からのご案内

  • 須崎のセミナー情報
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中!

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP