ペットの体調不良と飼い主さんの体調不良の関係

2013年5月に興味深い報告が発表されました。

今回は、

同居すると常在菌も似る?
  人と犬でも、米大が調査
  「医療新世紀」
---
共同通信社 5月21日(火) 配信

についてのお話しです。


以下、サイトから転載です。

生活を共にする飼い主と飼い犬は、
体にすみつく細菌も
似てくる可能性がある。

米コロラド大ボルダー校のチームが
米国のさまざまな家族について、
飼い犬も含めて皮膚や体内の細菌を
調査し、そんな結論に達した。

人間の体の中や表面には
「常在菌」と呼ばれる細菌が
すみついていて、

その数は100兆個にも上る。

常在菌のバランスの崩れは
多くの病気に関係すると分かっており
近年、研究が盛んに行われている。

これまでに、血のつながった家族では
腸内の常在菌の内容も似ている
ことなどが明らかになっている。

チームは今回それをさらに進め、
人間以外のペットや、腸以外の菌では
どうなのか調べた。

対象とした60組のカップル
(26-87歳)の家族構成は、
8組は子どもがいて犬も飼い、
17組は子どもだけ、
別の17組は犬だけ、
残り18組は子どもも犬も
いなかった。

人間(計159人)は額、
左右の手のひら、舌、便から細菌を
採取。

犬(計36匹)も同様に採取したが、
手のひらの代わりに4本の足の肉球を
こすって細菌を採った。

細菌は、遺伝子を調べて
似ているかどうかを評価した。

その結果、同居するカップル、
親子の間では細菌の分布が似ており、
中でも皮膚にいる細菌の類似性が
高かった。

飼い犬についても、額と肉球の細菌は
カップルの皮膚にいる細菌と類似性が
高いことが分かった。

皮膚は外界に直接触れるため、
犬との頻繁な接触によって
細菌の分布にも影響が出たことが
考えられるというが、

チームの代表は結果について
「ペットとのつながりが
 これほど強いとは驚きだ」と
コメントしている。

http://www.47news.jp/feature/medical/2013/05/post-886.html

これまで、須崎動物病院の診療で、
「飼い主さんとペットの間で、
 細菌やカビが行ったり来たりしている
 『可能性』がある」
と申し上げると、

「そんなことはない!」
「私は関係ない!」
などと、非常に抵抗を示す飼い主さんが
いらっしゃいました。

 

当たり前のことですが、
インフルエンザに感染・発症した子が
クラスにやって来たら、

大半が感染
→発症するかどうかはその子次第

という状況になります。


同様に、
家庭内に屋外から異物を持ち込んだら
(大抵は鼻から吸い込むと思われます)
室内にはまき散らされると考えるのが
普通かと思います。

 

また、症状は
「白血球が異物を排除しようとして
 炎症反応を引き起こしている」
から出るのであり、

症状が出るということは、
「何かいる」
というお知らせで、
それ以上でもそれ以下でも無いのです。

 

さらに、飼い主さんが
頭痛
肩こり
腰痛
生理痛
慢性鼻炎(←一番やっかい)
子宮筋腫
下痢
嘔吐
貧血
その他の課題
などがある場合は、

「どちらが先か?」

はさておき、
双方に原因があっても
不思議ではありません。

 

ペットが体調不良になったことが
きっかけで、飼い主さんが
より健康になることがあります。

この記事をヒントに、ペットの病気が
みんなで元気になるきっかけになれたら
良いですね。

  • 須崎のセミナー情報はこちら
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中!

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP