食器がヌルヌルしてお口がクサイのはヤバイ・サイン!

「うちの子、お口クサイ…」
「犬の食器が唾液でヌルヌルしていて、
洗ってもなかなか取れない…」


これが、

「当たり前」

と思っている飼い主さんが
結構いらっしゃいます。


口内状態を変えることで、
サラサラに変わります。

 

ヌルヌル唾液は、悪玉菌が過ごしやすい
口内環境になってしまっている可能性が
高いのです。

ですから、
強い口臭はすでに悪玉菌が増えている
サインかもしれません。


これは、人間でもそうらしく、
例えば入れ歯がヌルヌルしている方は、
入れ歯を洗うだけではなく、
口内ケアもしないと、
片手落ちなのだそうです。

 

口内ケアをしっかりしていただくことで、
洗浄がラクになります♪


というか、
食器の洗浄がラクになるかどうかよりも、
身体が健康で楽しく日々暮らせるかが
大事なんですけどね。

 

なると治りにくい口腔腫瘍は、
口内状態が密接に関連していると思われ、
なってしまうと、
除菌が追いつかないことがほとんどです。


そのときになって、
歯を磨いておくんだった…。
と後悔する方が
非常に多いのです。


もちろん、
「愛犬の死をもって学ぶ」ことも
あろうかと思いますが、

そんなことにならないうちに、
学んで実践していただけたらと
思っております。


僕自身も、口内ケアをキッチリしてから、
ますます体調が良くなりました。


ですから、須崎動物病院では、

「うちの子、歯磨き嫌がるんです…」

などという寝言は
こと診療では一切受け付けておりません!


ときどき、
「嫌がるストレスが免疫力を低下…」
などとおっしゃる方がいらっしゃいますが、

嫌がるストレスは一時的なものですが、
口内細菌は24時間影響しますから、
比較するまでもございません。

 

なってから後悔しないよう、
早い段階から対処しておいてくださいね。


「うちの子、
 お口臭いけど、
 まだ、元気だから…」

具合が悪くなってから、慌てるのと、
元気なうちからメンテナンスをするのと、
どちらが楽かは、
飼い主さんにご判断いただけたらと思います。


引き続き、こちらの動画をご覧下さい。
↓↓↓
「口臭」は愛犬・愛猫からのメッセージ

愛犬の口内ケア

愛猫の口内ケア

  • 須崎のセミナー情報はこちら
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP