半年続いたネコの手足の硬直が突然なくなって、歩ける様になった!

============================================
2年くらい前から歩き方がおかしくなり、
手脚がどんどん動かしづらくなり、
半年ぐらい前から硬直が強くなり、
立てなくなっていた猫が、
突然立ち上がって動く様になった!
============================================
と、飼い主さんからご報告をいただきました。


先日の診療で、
身体を触っていたら、そのさわり方が気に入らなかったらしく、
僕の手をガブリっと噛んだのですが、

============================================
おはようございます。

先日、診察の際、猫が先生の手を噛んでしまい申し訳ありませんでした。

その猫ですが、突然、手足の硬直が全くなくなり、
今までのように動くようになりました。

硬直がなくなったら、今までになくモリモリ食べるようになり、
胸周りに肉がついてきて、椅子や机に飛び乗れるようになりました。

嬉しくてメールをさせていただきました。
============================================

すごい話です。




飼い主さんが2年ほど、
がんばって当院に通って、
がんばって「自宅ケア」をしてくださっていたにもかかわらず、
どんどん歩けなくなっていたのですが、

「だれも諦めない」

という気持ちで、
(それを口にしたら負けだとみんなが思っていたと思います)
立てるはずだ!
どこかあるはずだ!

と飼い主さんががんばってくださった結果、
このような結果になりました。

 

いつも思うのですが、
飼い主さんの情熱と努力はすごいです。


「これはどうでしょう?」
「あれはどうでしょう?」
と、熱心に質問して下さる方が多く、
非常にこちらも刺激されます。

 

私は、獣医師としての、知識と経験から、
無意識に「線」を引いてしまうことがあります。


しかし、「そう思ったら『そう』なる」

と思い直して、自分が勝手に作った「線」を消して、
「自分がまだ知らない何かがあるはずだ」と、
いろいろ調べる日々を過ごしております。

 

今回の様なことが起こると、
「自分の浅薄な知識で解釈・判断して、
『線』なんか引くのはおこがましい!」

と感じます。


幸い、このネコちゃんは、食欲があったので、
なんとかがんばって欲しかったのですが、
今までの

歩けなくなった→歩ける様になった

の最長距離が51日間だったので、
それを過ぎてしまったら、
どうなるのか想像がつかなかったのです。


それが、半年後に元に戻るというケースを今回経験出来て、


============================================
どうなるかは解らない(神のみぞ知る)けど、
今できることを精一杯やるしかない!
============================================
ということだなと改めて感じました。

 

このメルマガをお読みになっている方の中には、
かかりつけの先生から「余命宣告」されている飼い主さんも
いらっしゃるでしょう。


でも、
そうかもしれないし
そうでないかもしれない
のです。


ただ、こんなケースがありましたという事実を知ったとき、
============================================
そうだ!
どうなるか解らないんだから、だったらがんばってみよう!
============================================
と解釈・行動したい方には、
励みになるかなと思って、ご紹介させていただきました。


とにかく、指導士養成講座中に届いた、
うれしいニュースだったので、
シェアさせていただきました。

 

「あきらめないぞっ!」という方の心の支えになれれば幸いです。

  • 須崎のセミナー情報はこちら
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP