飼い主さんの花粉症が酷くなると、ペットの体調も悪くなる?

 最近、「時代は随分変わったな」と感じることがありまして、飼い主さんに限らず、一般の方々からも、「最近の黄砂は平安時代の黄砂とは違って、大陸の方から化学物質や重金属、はたまた病原微生物を一緒に日本へ運んできていて、それを日本人が吸うことで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻血、目ヤニ、発熱などの症状が出る人が増えて来て、花粉症は本当に『花粉』が原因なのではなく、偏西風が黄砂とともに運んでくるものが原因ではといわれているそうですが、本当ですか?」というご質問をよくいただく様になりました。

 まぁ、それはそれとして、

この春診療にいらっしゃる飼い主さんは、「昨年まで何ともなかったのですが、今年から花粉症になったんです。そして、私の調子が悪いと、この子(犬・猫)の体調も悪くなるのです。何か関係があるのでしょうか?」という方が目立ちます。

 もちろん、なんでもない子はなんでもないので、何も断定できる様なことはないのですが、それが全てではないにしても、上記の様なご報告があちこちから届くということは、何か関係があるのかもしれません(あくまでも推測)。

 「私の体調が優れないと感じると、この子の体調が悪くなるので、動物病院に行くタイミングは遅れない様になりましたが…。」と言われるのですが、動物病院に行かなきゃならない様になる前に、何か手を打っておきたいものです。

 方針としては、何が入ってこようとも、処理能力の範囲内におさえておくことです。解りやすい言葉をつかうと「デトックス習慣をつける」ことになろうかと思います。

 まだまだ人の分野でも解明が進んでいない中、動物への影響はまだまだ不明な点が多い状況です。

 しかし、体内から排除すること、環境から減らすことで改善している犬や猫が多いということは、それが全てではないかも知れませんが、少なくとも害にはなっていないでしょう。

 黄砂の酷い日は、散歩を控えるとか、帰ってきてから対処をするとか、気をつける必要がありそうです。


 この時期、「急な体調不良」で頭を悩ます飼い主さんも多いかと思いますが、何とかして原因を探ってもらって、排除して、元の元気な姿に戻っていただきたいものです。

 追伸:この様な場合、免疫力を上げた方がいいのかどうなのかについて、ヒントとなる動画を作成いたしました。参考にされて下さい。

  • 須崎のセミナー情報はこちら
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP