福岡上空に原因不明の「もや」→体調不良の問い合わせ増える?

2月7日、宮崎県に行きました。

客員教授を務めさせていただいている、
九州保健福祉大学の薬学部、動物生命薬科学科で
「動物栄養学」の授業を行わせていただくためです。

1月末から始まった霧島火山群の新燃岳の噴火の影響で
宮崎空港に到着できるかどうかというところでしたが、
幸運にも着陸できました。


飛行機から降りて空港の中を歩いていると、
なんとなく眼と鼻に違和感がありました。

そして、空港から外に出ようとしたあたりで、
その違和感が強くなり、
外に出たところでくしゃみや眼のかゆみが出てきました。


「火山灰でこんなことなるのかなぁ?」

と不思議に思っておりました。

そして、ホテルについてテレビをつけたところ、

「2011年2月6日、福岡県福岡市で、原因不明のもやがかかった」
との報道がありました。


その原因は、
●黄砂ではなく
●風向きから考慮して宮崎の火山灰ではなく
ということで、
その後、
●大陸の大気汚染などの影響ではないか?
ということになったようです。

 

偶然かどうかはわかりませんが、
2月の上旬から中旬にかけて、
急に体調不良になったペット達のご報告が増えました。


しかし、もちろん九州地区からのご報告もあるのですが、
日本全国からその様なご報告をいただきました。

なぜだろうと調べてみましたところ、
下記のページを見て、納得がいきました。


今、日本では、逃れようのないことが起こっているようです。

こんなときだからこそ、
「ちょっとやそっとでへこたれない身体」作りと、
「来るなら来てみろ!迎え撃ってくれる!」という対処法と、
両方が必要のようです。


最近、当院の診療では、
くしゃみや眼の周りの疾患(突然まぶたや眼球が腫れるなど)が増えて来ております。
みなさんもお気をつけ下さい。

 

硫酸塩エアロゾルと光化学オキシダント(オゾン)の濃度予測分布図(地上付近)

スモッグ(人為起源の微小粒子)と黄砂の濃度予測分布図(地上付近)

 

  • 須崎のセミナー情報はこちら
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・山口・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP