皮膚の痒みの原因は?

 皮膚の痒みの原因は皮膚にあると考えるのが普通です。しかし、皮膚「だけ」か?と言われると、必ずしもそうではないかもしれません。


 以前、こんな実験をやったことがあります。
私の友人に、自他共に認める「スゴイ水虫」の方がいます。恐らく私の友人知人で彼を知っている人ならば、「正月といえばおせち、水虫といえば彼」というぐらいの認知度です。

 あるとき、そんな彼と会う機会がありました。「水虫はうつる」と「一般的」には言われておりますので、彼の足の親指と人差し指の間の「水虫の部分」に、私の同じ部分をからませ、ねちょねちょしているものを私の足指の間にいただきまして、3日ほど風呂にも入らずに放置しておきました。

 しかし、何の変化もなく、元気で汗かきの私は4日目に断念して風呂に入りました。

 そして月日は巡り、数ヶ月後のまたある日、また彼と会う約束がありました。しかしその時の私は、前回とは違って、体調がとても悪かったのです。というのも、本の執筆で睡眠不足が続いていて、フラフラだったのです。余談ですが私は通常の睡眠時間は3〜4時間で十分なのですが、その頃は90分くらいしか眠られなかったのです。


 そこで、「そんな体調不良の状態で前回と同じことをやったらどんなことになるのだろう?」と気になり、また指の間の「ねちょねちょ」をうつしてもらいました。

 そうしたらなんと、たった1日でこちらの指の間が痒くなり、洗ったにもかかわらず、人生で初の水虫になったのです!!!
「ほ〜っ。これが水虫かぁ〜。」と確認し、あることをやったら1週間で治りました。そのあることとは……。
1週間だけ、6時間眠ってみたのです。
もちろん、全ての水虫が「十分な睡眠で治る」などと申し上げる気はございませんが、「私のケース」では、少なくとも皮膚に何らかのケアをしたわけではなく改善したということです。

 この様に、皮膚以外の所に何らかの理由があって、皮膚のバリア機能が低下している可能性だってあるのではないかと感じております。


 同様に、犬や猫の「皮膚病」が、実は皮膚以外の所に原因があって、それが「たまたま」皮膚に出てきている可能性はゼロではないかもしれません。

 例えば、お腹をなめている猫がいて、お腹の皮膚の毛が抜けて、皮膚が真っ赤になっていて、アレルギー性皮膚炎だなどといわれて何年も続いているケースがあったのですが、当院で調べてみたら単に内臓に不調があって、試しにその不調の原因を取り除いてみたところ、お腹をなめるのが無くなり、皮膚炎も無くなったと…。


 私もそうですが、人はとかく目の前の現象に囚われやすいものです。しかし、原因があるから結果があります。そこでもっともらしい原因の提示に惑わされず、「ちょっとまてよ…」「なぜ…」を活用して、根本原因を探っていきたいものです。

追伸:皮膚の痒みを止める方法とは?

TOP