愛犬が食後にかゆみが出るのは食物アレルギーだから?
【獣医師執筆】

愛犬のかゆみが気になる場合

1)ステロイド
2)シクロスポリン(アトピカ)
3)オクラシチニブ(アポキル)

という選択肢があります。

しかし、どの薬をつかっても
かゆみが止まらないというケースがあります。

そんなときは視点を変えて
===
原因が無くなればかゆみが続く理由がなくなる
===
というアプローチをとってみると
突破口が切り開けるかもしれません。

今年の2月に当院に連れて来られた犬も
どの薬も効かず、
アレルゲン検査陽性食材が多くて
困っていた飼い主さんが
当院にお越しになって、原因を減らした結果…

===
かかなくなったんです!
何食べても平気になったんです!
===
という状態になりました。

当院ではタネも仕掛けもあるので
別に不思議でもないのですが、
不思議に思われることは多いものです。

犬猫に限らず、
痒いのってガマンするのは辛いんです。

想像してみてください

あなたが
水着姿になって
後ろ手に縛られて
立った状態で棒にくくりつけられて
羽で身体中サワサワされるのを…
そして動くな!ガマンしろ!と言われたら…

気が狂いそうになりませんか?(笑)

となると、かゆみ対策って、

1)優先順位の高いこと
2)重要度の高いこと

から
やる必要があるんですよね…

でも、当院に連れて来られる
かゆみをこじらせた犬猫たちは
どうでもいいことを一生懸命やられて
肝心なことは手付かずの状態で、
時間の経過と共にこじれた…
というケースがほとんどです。

だから、
「どうでもいいこと」じゃなく
「大事な事」を先にやっていただきたいんですよね…

症状を消すことは大事で異論はないのですが
同時進行】で
症状の根本原因も減らしていきたいものです。

そうしたら、
症状が出続ける理由
がなくなるので、快適な日々がやってくるのですから…

体質とか、遺伝とかでごまかさずに…

何が大事なのかは個々の状態で変わります。
ぜひ、こちらのツールを活用して、「あなたが望む結果」を明確に決め直して見てください!

皮膚のかゆみ対策と予防諦めない犬猫の飼い主ができること 原因療法編 2022

須崎動物病院からのご案内

  • 須崎のセミナー情報
  • 須崎の診察スケジュール(大阪・福岡等)確認はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中!

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら
TOP