突然腰に力が入らなかった理由とは?

  この春、初診の方で「突然立てなくなった」というご依頼が多かったです。

ある方のコメントをご紹介いたしますと、

「突然、足腰に力が入らなくなって、立てなくなったんです。
  かかりつけの先生の所に行ったら『ヘルニア』と診断され、
  すぐに手術するよう言われました。
  でも、手術させたくないんです。
  周りでヘルニアの手術をした後、痛くて痛くて立てなくなった子達を
  沢山みてきました。
  ですから、手術が万能ではないことを知っております。

  でも、何をしたらいいのかわかりません。
  何か方法は無いですか?」

とのことでした。


もちろん世の中に万能の方法などございません。

また、ヘルニアの手術をした後、普通に生活している子もいますので、
私自身は手術を完全否定する立場にはありません。

 

その前提の上で、
当院には「手術以外の選択肢」をさがしていらっしゃる方が多いので、
あの手この手で対処させていただいておりますが、

あれこれやっておりますと、立てなかった原因が取り除かれるからなのか、
診療中に立ち上がって歩き出す子が珍しくありません。

もちろん、しばらく立ってないので、
フラフラしておりますが、
前へ進もうと頑張るのです。

 

その時の飼い主さんと私達は、
アルプスの少女ハイジ 第48話「小さな希望」の名シーン

「クララが…クララが立ってる」

の様な感動を得るのです。

 

まさに原因も対処法も100頭いれば100通り(99通りではない)ですが、
ペットたちを通じて、様々なことを学ばせていただいております。

その中でも多かったのが、腎・膀胱系の炎症でした。
何が原因で起こっている炎症かがわかれば対処出来そうです。

 

毎日当院には、余命宣告された子・「もう手の施しようがありません」といわれた子達が「あきらめない飼い主さん」達に連れて来られます。

そんな真剣な飼い主さん達と共に、これからも困難な課題に向き合い、一つでも多くの壁を乗りこえていきたいと思っております。

TOP